マクドナルドで100円マック単品で買っていく客

:風吹けば名無し@\(^o^)/ :2015/07/13(月) 15:18:46.37 ID:bt4KfKjga

あっ…(察し)


続きを読む

LG、43型で約11万円 49型で約13万円の4KTVのエントリーモデルを発売

:海江田三郎 ★ :2015/07/29(水) 11:10:04.12 ID:???

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150728_713724.html

LGエレクトロニクス・ジャパンは、4Kテレビのエントリーモデル「UF6900」シリーズを8月7日に発売する。
49型の「49UF6900」と、43型の「43UF6900」をラインナップ。価格はどちらもオープンプライスで、
店頭予想価格は49型が138,880円前後、43型が108,880円前後。

どちらのモデルも解像度は3,840×2,160ドット。独自開発のIPS 4Kパネルを採用し、
178度の広視野角でどの角度からも鮮明な4K映像が楽しめるという。バックライトはエッジ型のLEDを採用している。
 映像エンジン「True 4K Engine」とIPS液晶の組み合わせで、速い動きの映像でもブレを低減。
HD映像などを4Kまでの画素にアップスケーリングして表示する機能も備えている。なお、3D表示は対応しない。
 USB HDDを接続する事で、HDDへの録画も可能。チューナは地上/BS/110度CSデジタルを各2系統装備し、裏番組録画にも対応できる。

 webOS 2.0を採用しており、ホーム画面の「スマートホーム」から様々な機能が利用可能。
画面右側に、インストールしたアプリを一覧表示できる「マイアプリ」、
左側には楽しんだコンテンツ履歴を表示する「ヒストリー画面」を表示。コンテンツを途切れることなく、なめらかに切り替える感覚で利用できる。

 よく見るチャンネルをランチャー上に登録する「お気に入りチャンネル」、
モードやセッティングを簡単に変更できる「クイック設定」、見ているテレビ画面はそのままに外部機器の
表示を呼び出せる「インプットアシスタント」、放送中の他の番組や録画番組を確認できる「ライブメニュー」なども備えている。
 ハイブリッドキャストもサポート。付属のマジックリモコンは、上下左右に動かす事で、画面を直接指差すような感覚で、
目当てのコンテンツをポイント&クリックして操作できる。
 スピーカーは5W×2ch。「ウルトラサラウンド」回路も搭載する。テレビの筐体にはメタル素材を採用した。
 入力端子はHDMI×2、コンポーネント/コンポジット×1などを装備。出力は光デジタル音声×1、
ヘッドフォン出力×1など。Ethernet端子を備えるほか、無線LAN機能も内蔵している。

 消費電力は49型が110W(待機時0.3W)、43型が90W(同0.3W)。年間消費電力量は49型が115kWh/年、
43型が85kWh/年。スタンドを含めた外形寸法と重量は、49型が110.3×19.8×69.8cm(幅×奥行き×高さ)で、
14.7kg。43型が97.1×19.8×62.4cm(同)で、11kg。


続きを読む

東芝前社長に「財産隠し疑惑」 証取委から指摘を受けた1か月後に妻にマンションを贈与

:海江田三郎 ★ :2015/07/29(水) 11:43:23.24 ID:???

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162168

 “粉飾決算”問題で引責辞任した東芝の田中久雄前社長に、「財産隠し疑惑」が浮上している。

 東芝が不適切会計をめぐって証券取引等監視委の検査を受けたのは、今年2月12日。
自主調査してから4月3日に公表したが、田中氏はその間の3月7日に、妻とみられる女性に自宅マンションを贈与していたのだ。

 田中氏ら旧経営陣は今後、「株主代表訴訟」を起こされ、巨額の損害賠償を請求される可能性がある。

 その対策として、財産隠しで贈与したのではないか。まあ、時期が時期だけに、そう勘繰られても仕方がない。

「東芝は、金融庁から金融証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で課徴金を科されるとみられています。
課徴金の過去最大額はIHIの約16億円ですが、東芝はそれを超えるともっぱら。
加えて、第三者委の設置に10億円ほどの費用がかかったともいわれます。
これらを田中氏らが会社に与えた損害として、賠償請求される可能性がある。最低でも20億、30億円規模の訴訟になりそうです」(兜町関係者

もちろん、株価を急落させた責任も問われるだろう。いずれにせよ、田中氏をはじめ、
一緒に辞任した西田厚聰前相談役や、佐々木則夫前副会長の歴代3社長は、億単位の賠償責任を負う可能性があるわけだ。

 ちなみに、横浜市鶴見区にある田中氏の自宅マンションは14階建てで、築約18年、約72平方メートル。
「市場価格は3000万円台後半でしょう」(地元不動産業者)
 田中氏は日刊ゲンダイの取材に対し、「(贈与した)本件は昨年から検討してきた件で、
都心物件でもなく資産価値は低いと考えています」などと回答したが、だったら、なぜ疑惑を招きかねない時期に贈与したのか、
なおさら気になってしまう。
 それでは西田氏の横浜市磯子区にある自宅はどうかといえば、100坪ほどの土地に4台分の駐車スペースがある、
周囲の住宅と明らかに一線を画している2階建ての豪邸。「土地と建物で軽く1億円は超える」(地元不動産業者)。
土地の所有権は10年ほど前に買った時から妻と半々だ。

佐々木氏は東京都品川区の地上13階建ての高級マンション住まいで、約92平方メートル。
「6年前の分譲時の価格は9000万円ぐらい」(地元不動産業者)で、近隣住民によると、
「高台にある神殿のような白亜のマンション。芸能人などのセレブが住んでいます」。佐々木氏本人の所有だ。
 さすが東芝の歴代社長だけある。賠償請求されても支払い能力は十二分にありそうだ。


続きを読む
ギャラリー
  • お前らの人生最大の買い物は?
  • 政府案カジノ入場料2000円 ギャンブル依存症防止
  • ワイ、親に金を奪われ続けて発狂
  • 藤井六段(15)「機械による仕事の代替は産業革命の頃から行われてきた」
  • ヤフオク「詐欺にあう奴がバカ。手数料はキッチリ貰うけど俺らに責任はねーから」
  • 外国人「ドンキは日本で一番楽しい店だ!」 口コミで観光客が殺到
  • ワイ証券会社営業、酒の飲み過ぎで寝れない
  • 財政危機のベネズエラ 国家が発行する仮想通貨を開始 原油を担保に
  • 底辺工場勤務だけど貯金額晒す
QRコード
QRコード
最新コメント
Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ