アップルウォッチよりクール?80年代風のカシオ計算機腕時計 米アマゾンでも高評価

:海江田三郎 ★ :2015/07/05(日) 11:24:13.44 ID:???

http://newsphere.jp/business/20150703-4/ 
米アップルが今春発売した「アップルウォッチ」は、早くもスマートウォッチという新分野を切り開いている。
ライバルのGoogleもスマートウォッチ向けOS「Andorid Wear」を開発、各社が次々とこれを搭載した時計を発売している。
そのなかで、日本の時計メーカー、カシオもスマートウォッチ市場に参入しようとしている、
とウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)が報じている。「腕時計でもあるスマート端末というより
スマートを目指す腕時計」になるといい、時計メーカーとしてのノウハウを注ぎ込んでライバルとの差別化を目指す。

 一方で、スマートウォッチに懐疑的な層の間では、同じカシオ製のクラシックな「電卓つき腕時計」
がリバイバル・ブームになっているようだ。米テック系サイト『Re/code』が、米Amazonのレビューの高評価を伝えている。
 WSJによれば、カシオが開発中のスマートウォッチは、「腕時計メーカーとしてのノウハウを活用し、
使いやすさと耐久性を求める大衆市場の需要を見据えた」ものだという。同社では先週、創業メンバーの樫尾4兄弟の一人、
樫尾和雄氏が会長に退き、長男の和宏氏が社長に昇格した。カシオのスマートウォッチは、新社長肝いりの社運を賭けた商品となる。

 同社ではこれまでも、スケジュール管理や心拍数モニター、通信機能などのついた腕時計を開発してきた。
しかし、それらが商業的成功を収めたとは言いがたい。和宏氏はWSJに対し、
「過去でいうと、奇をてらって出して売れないとやめるという繰り返しの部分も正直あったと思う」と告白。
その上で、現在は「時計としての完成度をきっちりと、壊れにくい、はめやすい、
使いやすい装着感の中でスマートウォッチを実現していきたいと思っている」と語った。

 和宏氏がWSJに明かしたところによると、カシオのスマートウォッチは、アップルウォッチの売れ筋価格帯の
5万円程度に近いものになりそうだ。ターゲットは男性で、機能と外観の両面でアウトドアスポーツ
やレジャー向けを想定しているという。来年3月末までに日米で発売する計画だ。WSJは、これらの情報を踏まえたうえで、
「アップルが独占するスマートウォッチ市場には新規参入者が相次いでおり、カシオは厳しい競争にさらされる見通しだ」とまとめている。

 一方、『Re/Code』が注目するのは、“80年代スタイル”のカシオの電卓付き腕時計だ。
同メディアの記者が時計マニアの友人の誕生日プレゼントのために米Amazonで「カシオ計算機腕時計(Casio calculator watch)」
と検索すると、何10種類もヒットしたという。ほとんどが15ドルから20ドルの価格帯で、
筆者は『Casio CA53W calculator watch』という、80年代のSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主人公、
マーティーがつけていたモデルの後継機種を選んだ。
 筆者が驚いたのは、「アップルウォッチに対して、ほとんどがポジティブなレビューで
埋め尽くされていた」ことだ。そのいくつかが紹介されている。
・夫はアップルウォッチを欲しがっている。でも、私はバカバカしくて高すぎると思う。
アップルウォッチとこれは同じだと夫にプレゼントした。驚いたことに彼はとてもこの時計を気に入った。
・アップルウォッチより良い!この時計には4つのキラーアプリが備わっている。時刻、アラーム、ストップウォッチと計算機だ。
・アップルウォッチよりもクールだ。実際、何人かに「それはアップルウォッチか」と聞かれた
私は「違う。これは80年代の計算機時計だ」と答えた。すると彼らは言った。「もっとクールじゃないか!」
 一方、不満点に挙げられているのは「バックライトがないこと」「防水(Waterproof)ではなく、
耐水(Water-resistant)であること」だという。それを置いても、ネタ混じりの側面があるとはいえ、
「コイン電池一つで2年間動き続ける『Made in USA』のこの時計に勝るものはないだろう」と、筆者は書いている。

 カシオの『CA53W』だが、日本のAmazonでも海外モデルと銘打って逆輸入品が2980円で売られている。
こちらの総合評価も5点中4.5点(7月3日時点、31件)と高い。5点をつけているレビュアーの一人は、
「今までは電卓を探しまわったり、スマホやタブレットのアプリをワザワザ開いたり・・・と、ちょっと不便を感じていました」と、
すぐに電卓にアクセスできる本製品を推し、「私もCASIOさんに負けないような世界に誇れる作品を作りたいと思います!」
と絶賛している。このレビュアーは、もし生産中止になるようなら「10本くらい買いだめします」とも書いている。


続きを読む

ギリシャの年金生活者が号泣「どの銀行に行っても年金を引き出せない…」

:トペ スイシーダ :2015/07/04(土) 15:38:25.63 ID:LqTGp0NE0

【7月4日 AFP】ギリシャ第2の都市テッサロニキ(Thessaloniki)で3日、3つの銀行に足を運んできたという年金生活者、
イオルゴス・チャッチフォシャディス(Giorgos Chatzifotiadis)さん(77)の姿があった。妻の代わりに年金を引き出そうとしたが、
どこの銀行でも駄目だったという。

4つ目の銀行で、「120ユーロ(約1万6000円)は引き出せません」と告げられ、彼はついに泣き崩れた。

チャッチフォシャディスさんはAFPの取材に対し、自分が取り乱したのは、「自分の国がこれほどの窮地にあることに
耐えられなかった」からだと明かした。「すっかり打ちのめされた。個人的な問題よりこたえる」

銀行の外に座り込み、通帳と身分証明書を地面に放り投げて号泣しているチャッチフォシャディスさんの様子を捉えた
AFPの写真は、債務危機にあるギリシャで一般市民がどれほど苦しんでいるかを表している。

ギリシャ政府は資本規制を導入し、先月29日以降、現金の流出を防ぐためにすべての銀行の営業を停止したが、
1日にはいくつかの支店で3日間の営業再開を許可した。銀行カードを持たない年金生活者が、年金を上限120ユーロまで
引き出せるようにだ。しかしチャッチフォシャディスさんは、4つ目の銀行で打ちのめされていた。

チャッチフォシャディスさん夫婦は、ギリシャ北部に住む多くの市民と同じく、ドイツで何年も暮らしていた。彼はドイツの
炭鉱や鋳造所で「必死に働いた」という。

彼が妻の年金を送金する送り先は、ドイツのベルリン(Berlin)だ。多くのギリシャ国民は、新たな支援を求めるギリシャに
対して緊縮策を要求したドイツ政府を非難している。

「パンを買うのに数セント恵んでほしいと言っている市民もいるし、自殺者も増えている。私は繊細な人間なので、自分の国が
こんな窮地にあるのを見るのは耐えられない」とチャッチフォシャディスさんは言う。

「欧州とギリシャは間違いを犯した。私たちは解決策を見つけなくてはならない」

以下ソース


http://www.afpbb.com/articles/-/3053624


続きを読む

NTT、赤字の固定電話などを全国一律提供する「ユニバーサルサービス」見直し要求…業界や利用者追加負担の恐れも

:紅茶飲み(゚д゚) :2015/07/04(土) 12:18:08.42 ID:???

NTTが今秋、固定電話や公衆電話などを全国一律で提供する「ユニバーサルサービス」の制度見直しを総務省に提案する。
2007年から赤字の一部を業界全体で穴埋めしているが、加入電話の減少に歯止めがかからず、
サービス維持が困難になってきたためだ。総務省は、提案を踏まえ有識者の審議会で議論を始める見通し。
ただ、通信業界や利用者の追加負担につながる恐れもあるため、調整は難航しそうだ。

総務省によると、NTT東日本と西日本の加入電話は年々減少。
13年度の合計契約者数は約2300万件と、10年前から5割以上減った。
携帯電話の普及などが原因で、設備維持のコストがかさみ13年度は819億円の赤字だった。

NTTの鵜浦(うのうら)博夫社長は「マーケット環境が変わっている。
10年、20年先を見据えた時にどうするかを本格的に議論したい」と強調。
交換機の製造停止で固定電話が将来的に提供できなくなる状況に理解を求め、
携帯電話やインターネット、無線など多様な通信手段で固定電話を代替する見直し案を示すとみられる。

NTTの提案に対し、総務省は「過疎地や離島、高齢者への配慮が必要で、
当分は加入電話の一律サービスを維持するのが妥当」(幹部)との姿勢だが、
環境変化に応じた制度の見直しには一定の理解を示している。

しかし、例えば携帯電話の電波が届かない地域で、固定電話を携帯電話で代用する場合、
基地局などの整備に最低でも1000億円以上必要と言われる。
現在、携帯電話が利用できない集落は全国に約3240カ所あり、整備費は巨額になりそうだ。
インターネットや無線を利用する環境整備にも多額のコストがかかり、国や自治体の補助金では賄えそうにない。

ユニバーサルサービス維持のため、NTT以外の通信各社は現在、
1番号当たり月額2円を利用者から徴収して支援機関を通じてNTT東西に支払っている。
制度導入時には、競合他社から「なぜ赤字でもない会社に補填(ほてん)しないといけないのか」
「独占的状態が続いている中で競争をゆがめる」といった反対論が噴出した。
今回も業界からは「利用者や事業者の負担増を前提とした見直しはすべきではない」との声が出ている。

【ことば】ユニバーサルサービス

NTT東日本と西日本に対して法律で義務付けられている全国一律の通信サービス。
固定電話や公衆電話、緊急通報などが対象で、過疎地や離島などを含めて低料金でサービスを提供する。
毎年多額の赤字が発生し、NTT東西の自助努力ではサービスの維持が困難なため、
赤字の一部を通信業界で穴埋めする仕組みが2007年から稼働。
負担は各社が利用者に転嫁し、現在は1番号当たり月額2円を徴収している。


07月03日 18時57分(最終更新 07月03日 23時54分)
http://mainichi.jp/select/news/20150704k0000m020028000c.html
画像:ユニバーサルサービスの赤字額推移



続きを読む
ギャラリー
  • 助けてー!お金持ちの高齢者がお金を使ってくれないの!日本経済が停滞
  • 大学生やけど株やれって親父に300万円貰った
  • GoProが経営不振、おもしろハードウェア業界が急激に衰退
  • GoProが経営不振、おもしろハードウェア業界が急激に衰退
  • 「お客様は神様」の時代、ついに終焉へ 過剰サービスを辞める企業たち
  • 全く意味の無かった節約法5つ
  • 自称ビルメンのおっさん、給与明細を開示 「45年必死に生きてこれかよ?」
  • コインチェック、事業継続へ商社や金融機関などと資本提携検討 金融庁も後押し
  • レゴランドが特別ツアー 1万5000円追加で乗り放題!急げ!
QRコード
QRコード
最新コメント
Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ