HTCの企業価値が事実上ゼロに 製品に深刻な脆弱性も

:海江田三郎 ★ :2015/08/11(火) 11:45:04.83 ID:???

http://jp.techcrunch.com/2015/08/11/20150810htc-is-now-essentially-worthless-and-insecure/

一時はスマートフォンのトップ・ブランドの一角を占めたHTCの企業価値が事実上、ゼロになった。
今年に入って株価は60%も下落していたが、週明けにさらに9.8%下げ、ついに現在の時価総額
HTCの手持ちキャッシュの額より低くなった。株式市場はキャッシュを除くHTCの工場、ブランドその他一切の資産の価値をゼロとみなしているわけだ。

さらに悪いことに、HTCのOne Maxをアンロックするための指紋認証データが暗号化されず、
だれでも読める状態で格納されていることが発見された。セキュリティー上、最悪の違反である。
ハッカーは簡単に /data/dbgraw.bmpファイルを読みだして認証データを得ることができる。

一言でいって、HTCはまずいことになっている。
われわれのJon Russell記者も書いているとおり、HTCも対策を取らなかったわけではない。
しかしHTCやSamsungは低価格モデルで新興中国勢との競争にさらされており、
フラグシップモデルではiPhoneという強力きわまりないライバルが存在する。
2006年にHTCが携帯電話を製造し始めたとき、市場はいくつかのセグメントにはっきり分かれていた。
ひとつはキャリヤの援助で事実上無料で提供されるベーシック・モデルで、搭載されたJavaプログラムができることといえば
電話帳の管理くらいだった。中位のモデルはHTC WizardやSamsung Blackjackなどで、無数の新製品が毎月発表されていた。
最上位にはビジネスパーソンの向けのBlackberrykeがあり、やがてiPhoneが登場し、
GalaxyのようなAndroidのフラグシップモデルがその後を追った。携帯電話入門者向けの安価でベーシック製品から、
マニア向けの高機能上位モデルまで、価格による住み分けができていた。
しかし現在の市場は「iPhoneとそれ以外」に色分けされている。スマートフォン市場は全体として飽和点に近づいている。
製品アップデートのサイクルも長くなっている。中間価格帯の市場が事実上消滅し、ユーザーは高価なモデルを長く使う層と、
恐ろしく安い機種を買う層に二極化した。
今週、HTCはワンツーパンチを食ってしまった。株価の続落と製品の脆弱性の発見はさらなる株価の下落を招き、
フランド・イメージも低下するだろう。 HTCはMotorolaを見習って真っ逆さまに転落するのをなんとか食い止めることができるかもしれない。
しかし市場には無数のスマートフォンが溢れており、ビジネス環境は非常に厳しい。


続きを読む

ドイツ「ギリシャ危機で支援したら逆に13.7兆円儲かっちゃったわ」

:アンクルホールド :2015/08/11(火) 09:18:54.05 ID:251G8CvA0

ギリシャへの金融支援に厳しい態度を見せるドイツが、「実際はギリシャ危機で1000億ユーロ
(約13兆7000億円)の『利益』を得ている」。
こんな調査結果をドイツの有力民間研究所が発表し、同国はギリシャ支援で配慮すべきだと呼び掛けている。
発表したのは、「ハレ経済研究所」。調査によると、ギリシャ危機で金融市場に不安が高まるたびに、
安全資産としてのドイツ国債の需要が高まり、利回りが低下(価格は上昇)。危機がなかったと仮定した場合と
比べると、2010〜15年に、ドイツは国債の利払い費を計1000億ユーロ削減できたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000014-jij-eurp


続きを読む

1997年から2010年のIntel CPUに脆弱性、ルートキット埋め込み可能で対策なし C2Qや初代i7アウト

:ニールキック :2015/08/10(月) 20:52:38.75 ID:kGmxwTPP0

http://japanese.engadget.com/2015/08/10/1997-2010-cpu/

米ラスベガスで開催のセキュリティカンファレンス Black Hat より。セキュリティ研究者の Christopher Domas が、インテル製の旧型 CPU にコンピュータの制御を奪うルートキットを仕込むことができたと発表しました。
一度ルートキットを仕込まれてしまうと、ユーザーにはとれる対策がほとんどありません。
ルートキットとは、ユーザーやコンピュータ自身が検知できないレベルでファイル操作やネットワーク接続、通信などを行い侵入者が外部からコンピューターにアクセスするのを手助けするツール。
Domas の実験では、1997年〜2010年(Nehalemコアまで)に生産されたインテル製 CPU の脆弱性を突き、ルートキットを送り込みます。
このルートキットはCPU の SMM(System Management Mode)に組み込まれるため、いったん仕込んでしまえばセキュア・ブート機能などもすり抜け、OSやセキュリティ対策ソフトの検知しないレベルでシステムをコントロールできるとのこと。
CPU そのものに仕込まれるため、ユーザーが OS をクリーンインストールしなおしても感染は取り除けず、UEFI/BIOS をすべてクリアしても何の意味もありません。
たとえば PC をウィルスに感染させる用途で使えば、たとえ HDD をフォーマットしてもルートキットがOS を再びウィルスに感染させるといったことが可能となります。
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


続きを読む
ギャラリー
  • マクドの乞食「ハンバーガー3つとチキンクリスプ2つで」
  • コスパのいい栄養ドリンク、エナジードリンク教えて
  • コスパのいい栄養ドリンク、エナジードリンク教えて
  • 8000兆円、日本人に分配されるってよ
  • 8000兆円、日本人に分配されるってよ
  • 8000兆円、日本人に分配されるってよ
  • 8000兆円、日本人に分配されるってよ
  • 米GE、ダウ工業株平均30から外れる かつては世界最大の時価総額
  • ソフトバンク株「絶対に買い」、孫社長が株主総会で発言
QRコード
QRコード
最新コメント
Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ