高画質の4Kテレビの売れ行きが好調 「だいぶ買いやすく、値ごろ感が出てきている」

:海江田三郎 ★ :2015/07/04(土) 13:11:26.55 ID:???

http://www.j-cast.com/2015/07/04238910.html?p=all
液晶テレビの販売が回復基調に乗りはじめた。なかでも、フルハイビジョンの4倍の解像度をもつ高画質の「4Kテレビ」が売れている。
一方、平均価格は最近の1年で約4割下落して、20万円を割っているケースは少なくない。
大手家電量販店では、「だいぶ買いやすく、値ごろ感が出てきています」という
調査会社のBCNによると、2015年5月の液晶テレビの販売台数は、高精細な4Kテレビが市場をけん引していることを背景に、
前年同月と比べて17.9%増えた。販売金額も22.2%増で、2か月連続のプラスだった。
なかでも4Kテレビは、液晶テレビ全体の販売台数に占める割合が4月に7.5%、5月が11.1%と、
初めて1割を超えた。販売金額でも4月が25.9%、5月は32.5%とこちらも初めて3割に乗せて、売り上げに勢いがついてきた。
また、このところ10%前後で推移していた50型以上の大型モデルの販売台数の構成比が、
5月には14.0%と過去最大を記録。しかも、50型以上の大型テレビに占める4Kモデルの販売台数の構成比は、
ほぼ半数の47.2%まで拡大。「大型なら4K」の流れが鮮明になってきた。
もともとHDモデルなどに比べて高価で、主力が40〜50型超の大型の4Kテレビの販売が好調なことから、
販売金額ベースでも液晶テレビ全体の平均価格を押し上げている。3年前の2012年は5万円を割り込んでいたが、
15年5月では6万5500円と6万円台半ばまで回復。販売台数と金額の両面で市場に回復の兆しがみえてきた。
BCNのアナリスト、道越一郎氏は「とくに4Kテレビは、2015年に入ってしばらく足踏み状態が続いていましたが、
4〜5月で再び拡大トレンドが鮮明になりました」としている。

そうしたなか、液晶テレビ市場をメーカー別にみると、市場をけん引しているのは、
15年5月の販売台数シェアが18.1%で2位のソニー。14年5月以降、13か月連続で前年実績を上回っており、
この5月も販売台数はほぼ倍増の勢い。販売金額では3年前の1.8倍の水準にまで売り上げを拡大させており、回復の足どりは力強い。
平均単価は9万5700円と、シャープやパナソニック、東芝の主要4社では最も高かった。
ソニーの液晶テレビに占める4Kモデルの販売台数の割合は24.7%と唯一2割を上回っており、
販売金額では51.4%とじつに半数を超えている。
一方、液晶テレビで38.1%のトップシェアをもつシャープは、伸び率ではソニーほどではないものの、
5月の販売台数は前年同月比で8.1%増とプラスに、販売金額も18.3%増と2ケタ増を達成した。

ただ、平均単価は6万1100円と主要4社の中で最も安かった。
シャープの液晶テレビの平均単価が低い理由について、前出のBCNのアナリスト、
道越一郎氏は「液晶テレビ事業では4Kへのシフトを進めていますが、他社と比べて一気にシフトできないところがあります」と話す。
シャープは、液晶テレビ全体ではトップシェアを誇るものの、4Kテレビの販売台数の構成比をみると、
50型以上は83.1%あるが、40型台は16.9%しかない。これに対して、ソニーの40型台の構成比は47.6%、パナソニックが55.7%、
東芝でも46.9%を占めている。道越氏は「4Kの主力はいまや40型。シャープは他社に比べて小型化で遅れをとったため、
売れ筋のこの層を取りこぼしています」と指摘。これが4Kモデルの構成比が伸び悩んでいる要因の一つとみている。
また、液晶テレビ全体に占める4Kテレビの割合でも、他社が10〜25%を占めている中で、
シャープだけが7.6%と唯一1ケタ台にとどまっている。


続きを読む

デブはデブというだけで教師や社会からの評価が低くなるという研究結果

:32文ロケット砲 :2015/06/05(金) 21:58:52.58 ID:84UuA5eX0

太めの子供たちは健康問題にだけではなく、学校の成績の低さにも直面しています。
これは頭の良し悪しによるものではありません。ただ、太った子を嫌う先生たちの
行動が原因です。そう指摘するのは、子供の能力は皆同じと信じるアメリカの心理学者です。

「太った子はダメな子」という一般常識は、太っている子の大学進学率の低さが物語っています。
ただこれは学校で起こっている偏見が原因であると主張するこの心理学者は、学校の教師の再教育
によりこの事実を変えることが可能であると主張します。

数々のリサーチは太め児童の成績の悪さを指摘しています。例えば6000人のサンプルで調べた
イギリスのケースでは、11歳の時点で太めだった児童は13歳になっても16歳になっても、
国内共通テストの成績が悪いという結果をだしています。特に女児に顕著です。

アメリカでも同様に、肥満の学生は、中学でも高校でも成績が低めであるという調査結果を
発表しています。文系理系、科目などに一切関係なく、です。
研究者たちは、教師が太め児童に多くを期待しないことを指摘しています。
子供たちは期待されていないから頑張らないのか、子供たちが頑張らないから
教師は彼らに何も期待しないのか、どちらがどちらとは言えません。
もっともこの疑問にはハーバードスクールが答えています。アメリカ全土で幼稚園から
小学校に通う生徒を10年間観察し続けた結果、この新しい研究は少し違った答えを出しました。

(つづく)



続きを読む

スーパーで2L600円くらいで売ってるアイス

:風吹けば名無し@\(^o^)/ :2015/06/07(日) 03:01:49.47 ID:SfMthXbm0

うまいん?



続きを読む
ギャラリー
  • 助けてー!お金持ちの高齢者がお金を使ってくれないの!日本経済が停滞
  • 大学生やけど株やれって親父に300万円貰った
  • GoProが経営不振、おもしろハードウェア業界が急激に衰退
  • GoProが経営不振、おもしろハードウェア業界が急激に衰退
  • 「お客様は神様」の時代、ついに終焉へ 過剰サービスを辞める企業たち
  • 全く意味の無かった節約法5つ
  • 自称ビルメンのおっさん、給与明細を開示 「45年必死に生きてこれかよ?」
  • コインチェック、事業継続へ商社や金融機関などと資本提携検討 金融庁も後押し
  • レゴランドが特別ツアー 1万5000円追加で乗り放題!急げ!
QRコード
QRコード
最新コメント
Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ