「アクオス」使えず…新ブランドで北米テレビ事業再参入 60型以上の液晶TV 2018年以降に

ばーど ★ 2017/07/24(月) 11:29:18.08

経営再建中のシャープは、一度撤退した米国での液晶テレビ事業に新ブランドを立ち上げて再参入することが24日、分かった。
米国では「アクオス」などの名称が使えないため。販売開始は2018年以降で、液晶テレビで中国に次ぐ巨大市場である北米の販売体制を整え、主力のテレビ事業の拡大につなげる。

シャープ首脳は同日、記者団に「米国での新ブランド、マークを申請している」と述べた。米国では、60型以上の大型で高画質の液晶テレビを販売する。

シャープは平成28年、米国での「シャープ」「アクオス」といった液晶テレビのブランド使用権を中国の電機大手、海信集団(ハイセンス)に売却した。
現在、ブランド使用権の買い戻しを目指しているが、交渉が難航。このため、米国では新ブランドでテレビ事業を展開する。

シャープは30年度に液晶テレビ販売を現状の倍となる1千万台に伸ばす計画を進めている。
シャープと親会社の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業は、米国で大型液晶パネルとテレビの生産工場を立ち上げる準備に入っている。

配信 2017.7.24 10:47更新
産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170724/wst1707240031-n1.html



続きを読む

学者「日本には移民は必要ない。人口が増えると、益々貧富の差が激しくなるだけ」

  

――日本は移民を受け入れるべきでしょうか。

そもそも移民の多くは、受け入れ国の経済的な事情で低賃金労働の門戸を開いているだけであって、移民する人たちのことを
考えているわけではありません。日本も人口が足りなくなっているので移民を受け入れて成長したい、
ということだと思いますが、それは移民する人々のことを考えていない。

――日本は人口減少を恐れるべきではない、と。

戦争をしようと思えば人口減少は恐れなければならないのですが、戦争をしない仕組みを作っておくほうが重要です。

現代は衣食住は満ち足りている時代。車が一家に1台あり、歩いて数分のところにコンビニがある。もうすぐ自動運転も実現する。
日本で年収1000万円あればルイ16世並みの生活ができるという話もあるほどで、日本で1000万円を超える給与所得者は
国税庁によれば2015年度で209万人(全給与取得者の4.3%)も存在します。

絶対君主制の時代は上位1%だけが豊かになることを許される社会でした。ところが市民革命が起きて国民が主権者になった。
これは、つまり、すべての人がルイ16世並みの贅沢をしたいと公言できる社会になったということです。

――「足るを知る」ことが重要に思えます。

例えばビル・ゲイツは9兆円の資産を持っていますが、彼はおそらくそれをもっと増やしたいと考えている。貨幣が権力の象徴に
なっているからです。ビル・ゲイツ本人に聞いたわけではないのですが、想像するに彼も内心は「(フェイスブックの)
マーク・ザッカーバーグに抜かれたらどうしようか」と思っているはず。追い込まれているんです。

――日本は「強欲」なグーグルやアマゾンに攻め込まれるばかりにもなっています。

それは現在の日米の力関係を反映している鏡です。アマゾンの日本法人はあの強力な財務省に対して法人税支払いを拒否しています。
アマゾンは日本法人は倉庫であり、営業活動をしていないと主張している。財務省が怠けているわけでなく、日米の力関係からそうなっているのです。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/post-8043.php



続きを読む

引っ越し先にNHKの業者が来る確率100%

  2017/06/29(木) 12:12:48.47

契約させられるんか?



続きを読む
ギャラリー
  • AI開発に指針 総務省、暴走防ぐ制御など求める
  • 堀江貴文氏「バカは頭が良い人よりも成功しやすい」
  • 日本人の住まいは5年後から大激変する、高嶺の花だった不動産が一気に身近に
  • ヤマト、アマゾンに1.7倍の運賃値上げと総量抑制を要請か
  • 通勤にスポーツ自転車人気 パナ、35万円の電動アシストMTB発売へ 健康志向高まり、需要拡大
  • ヤマトがアマゾンに1.7倍の運賃値上げと総量抑制を要請へ
  • 「ペイント」が終了へ?--「Windows 10」秋の大型アップデートで廃止・非推奨となる機能が公開
  • 普段のネット利用、10代の7割が「スマホのみ」
  • 普段のネット利用、10代の7割が「スマホのみ」
QRコード
QRコード
最新コメント
Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ