書店ゼロの自治体、全国の2割強に…書店数は00年から4割強も減少

スターダストレヴァリエ ★ 2017/08/24(木) 10:08:58.07

書店が地域に1店舗もない「書店ゼロ自治体」が増えている。出版取り次ぎ大手によると、香川を除く全国46都道府県で420の自治体・行政区にのぼり、全国の自治体・行政区(1896)の2割強を占める。「文化拠点の衰退」と危惧する声も強い。


 トーハン(東京)の7月現在のまとめによると、ゼロ自治体が多いのは北海道(58)、長野(41)、福島(28)、沖縄(20)、奈良(19)、熊本(18)の順。
ほとんどは町村だが、北海道赤平市、同歌志内(うたしない)市、茨城県つくばみらい市、徳島県三好市、熊本県合志(こうし)市、宮崎県串間市、鹿児島県垂水(たるみず)市など7市や、堺市美原区、広島市の東・安芸両区の3行政区もゼロだ。

 出版取り次ぎ大手・日本出版販売(東京)の別の統計では「書店ゼロ自治体」は4年前より1割増えた。

 全国の書店数は1万2526店で、2000年の2万1654店から4割強も減った(書店調査会社アルメディア調べ、5月現在)。人口減や活字離れがあるほか、書店の売り上げの6〜7割を占める雑誌の市場規模は10年前の6割に縮小。
紙の本の市場の1割を握るアマゾンなど、ネット書店にも押される。経営者の高齢化やコンビニの雑誌販売なども影響する。日本出版インフラセンターの調査では、過去10年で299坪以下の中小書店は減少したものの、300坪以上の大型店は868店から1166店に増加。書店の大型化が進む。

 街の書店は、子どもが絵本や児童文学を通じて活字文化の魅力に接する場であり、ネットが苦手な人の情報格差を埋める機能もある。地方都市では地域の人が集い交流する場でもあった。手にとって未知の本を読み、関心の領域を広げる機会も得られる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000007-asahi-soci



続きを読む

Windows 10 Fall Creators Updateプレビュー、リリースに向け「安定化」に注力

ノチラ ★ 2017/08/25(金) 13:57:48.99

Microsoftは「Windows 10 Fall Creators Update」の公開に向けた最終段階に入った。

 「Windows Insider Program」の責任者であるDona Sarkar氏が米国時間8月23日付けのブログで明らかにしたところによると、「Fast Ring」テスターを対象にPC向けの新しいプレビュー版「Build 16273」を同日に公開したことで、Microsoftは「現在、世界に向けた(正式版の)公開のための安定化に注力している段階にある」という。

Microsoftはこの時点より、Fast Ringと「Slow Ring」のテスター双方に向け、より短い間隔でさらなるテストビルドを公開していく予定だ。これらのビルドは主にバグ修正が目的となる。またSarkar氏によると、同社は2018年3月公開予定の 「Windows 10」向け次期大型アップデート「Redstone 4」(RS4)の開発作業に着手しているため、「Skip Ahead」リングに登録しているユーザーはまもなく初期のRS4ビルドを入手できるようになるものの、目立った新機能や変更は当面含まれないという。

 今回のビルドでは「Windows Shell」や「Microsoft Edge」、入力系のバグが数多く修正されるとともに、一般的な変更や修正も多数実施されている。これらの一覧は同日付けのブログに記されている。

 テスターらは今回のビルドから、「My People」を用いた絵文字での通知を試用できるようになった。これには、新たな「Windows Insider Emoji Bot」を利用することになる。また今回のビルドには、同社初のOpenTypeの可変フォントとなる「Bahnschrift」も搭載されている。

 Microsoftは先週、Windows 10向けの「View 3D」アプリの新機能「View Mixed Reality」をリリースしている。Skip Aheadリングに登録しているユーザーはこの機能のプレビュー版を試用できるようにもなった。

 また同社は22日に、「Windows Server」の3つ目のインサイダー向けテストビルドとして「Windows Server Insider Preview Build 16267」(Windows Serverの「1709」に向けた機能アップデートの初期プレビュー)をリリースしている。
https://japan.zdnet.com/article/35106299/



続きを読む

日本人エンジニアが圧倒的に「独学派」なワケ

ノチラ ★ 2017/08/26(土) 04:33:23.73

中略
結論から言えば、日本人エンジニアは、ほぼすべての人が「独学」と答えていました。よい参考書などの情報は集まりましたが、教授法やカリキュラムを構成するうえでのヒントを得ることは難しかったのです。

一方米国では、高校でコンピュータサイエンスの授業を学び、興味を持って大学でも同じようにコンピュータサイエンスの授業を履修してスキルを養い、就職も見据えてIT系の学科へ移り、シリコンバレーのテクノロジー企業で高給取りになった、というストーリーを聞くことができました。

独学で上達した理由は?

シリコンバレーのエンジニアの新卒の給料は、スキルレベルにもよりますが1500万円を超えており、日本人エンジニアとはまったく評価が異なります。日本では、よりよい給料を得るために起業したり、スタートアップに参加したり、そうした経験を武器に転職をする、戦略的なキャリアパスが必要だといいます。

米国のコンピュータサイエンスの体系的な授業は大いに参考になりましたが、日本の「独学」という回答は魅力的なものでもありました。

独学で上達したという理由は、自分が必要だと思う知識を次々に学んでいき、自分が作りたいプログラムの完成にこぎ着けようとしていたから、という日本人エンジニアによる振り返りがありました。

言語も人によって異なるし、得意な処理やアプリの種類も異なっています。ただ共通していたのは、自分で作ったプログラムに自分で不満や問題点を見いだし、それを解決していくという、自分の中でのプロセスが存在していたことでした。
http://toyokeizai.net/articles/-/185965?page=2



続きを読む
ギャラリー
  • 一時停止無視で7000円取られた
  • サムスンの日本人引き抜きが凄い「優秀な技術者には年収1億円払います。そんな会社辞めちゃえ」
  • iPhone8、11万円~15万円になる模様wwwwwwwwwwww
  • ワイ社会人(21) 貧乏な家で育ったせいかガチのマジでケチなる
  • PC-9801/9821向けのCバス用拡張ボード「NEKO BUS」が発売
  • テスラの新型EV「モデル3」は、iPhoneのような革新を自動車産業にもたらす
  • クレジットカード会社ってどこまで身辺調査するの?
  • Googleが謝罪 大規模ネット障害、ネットワークの誤設定が原因
  • ネットでIQ測定したらIQ60だった
QRコード
QRコード
最新コメント
Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ