2015年07月

Microsoft Windows10、リリースから24時間で1400万台がアップグレード

:海江田三郎 ★ :2015/07/31(金) 14:12:39.52 ID:???

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/31/news080.html

 米Microsoftは7月30日(現地時間)、29日にリリースした「Windows 10」が24時間で1400万台以上
の端末にダウンロードされたと発表した。予約していたユーザーのすべてに行き渡るにはまだしばらくかかるとしている。

 Microsoftは既報の通り、Insider Preview参加ユーザー、予約済みユーザー、その他の対応端末の
ユーザーの順に段階的にWindows 10のアップグレードを進めている。
 予約したユーザーの端末では、ダウンロードの準備ができるとタスクバー右端にある白いWindowsアイコンに下図のような通知が表示される。


Microsoftは29日、世界各国でWindows 10のローンチイベントを開催した。サティア・ナデラCEOはケニアのナイロビを訪問した。

OS担当上級副社長のテリー・マイヤーソン氏は、本社キャンパス近くのベルビュースクエアモール内
にあるMicrosoft Storeで、従業員と同じ青いTシャツを着てユーザーを出迎えた。
Microsoftは2〜3年以内に10億台の端末でWindows 10を稼働させるのが目標としている。


続きを読む

東芝「Dynabook」 ブランドイメージ毀損で法人向けPC事業に相当な痛手か

:海江田三郎 ★ :2015/07/31(金) 14:05:21.28 ID:???

http://www.news-postseven.com/archives/20150731_338466.html

 総額1518億円もの利益水増しの「不適切会計」が発覚し、経営トップ8人が辞任する事態に陥った東芝。
「チャレンジ」と呼ばれる“損益改善要求”による圧力から、経理の誤魔化しが相次いだのだ。
今後の見通しについて、経済ジャーナリストの町田徹氏はこう分析する。

「東芝はメインバンクの三井住友銀行やみずほ銀行などに約5000億円の融資枠設定を打診している。
昨年末時点で東芝には現金などが約2100億円あり、子会社が保有する株式を約1130億円で売却して
手元資金を確保したため、課徴金を請求されたとしてもただちに資金繰りに行き詰まることはないでしょう。

 痛いのは、ブランドイメージに傷がつき『東芝』を敬遠されること。特に危ぶまれているのが、
法人顧客向けに大量に卸していたパソコンブランド『ダイナブック』です。性能では横並びのパソコン市場において
ブランドイメージが損なわれたことが相当な痛手になるのは間違いない」

 東芝は昨年9月、パソコン事業の継続的な黒字を目指して、個人顧客から法人顧客への転換を加速させると発表し、
その鼻息は荒かった。が、今回の問題で完全に裏目に出た形だ。
 山積する課題をクリアして再生することができるのか。東芝の真の意味での「チャレンジ」が問われている。


続きを読む

吉本興業「中小企業」に 資本金を125億円→1億円に減資へ

:海江田三郎 ★ :2015/07/29(水) 10:36:10.80 ID:???

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150729-OYT1T50000.html

 吉本興業(大阪市)が、事業の元手となる資本金を約125億円から1億円に減資することが28日、わかった。


 同社は3月末時点で利益剰余金が140億円のマイナスとなっており、取り崩した約124億円は資本準備金に回し、
財務の改善を図る。9月1日付で実施する。

 減資をした場合、累積損失の解消に充てるケースが多い。同社は減資の理由を「総合的な財務戦略を勘案した」(広報)としている。
資本金が1億円以下になると「中小企業」とみなされ、法人税や法人事業税の負担が軽減される。税制上の優遇措置を受ける狙いもあるとみられる。

 経営再建中のシャープも今年5月、1億円への減資を検討したが、政府などから批判が出て大企業とみなされる5億円への減資にとどめた。


続きを読む

いよいよWindows 10登場--無償アップグレード方法と各PCメーカーの対応状況まとめ

:@Sunset Shimmer ★ :2015/07/29(水) 05:27:07.09 ID:6vJlfXDu

坂本純子 (編集部) 2015/07/29 00:00

 いよいよ7月29日よりWindows 10が公開された。Windows 10では「スタートメニュー」の復活や新ブラウザ「Microsoft Edge」の搭載、
生体認証を利用したログイン機能「Windows Hello」、音声でウェブの検索やリマインドの設定ができるパーソナルアシスタント「Cortana」などが目玉となる機能だ。
 今回は、Windows 7/Windows 8.1のデバイスを対象に無償でアップグレードができるとあって、従来よりも新OSが導入しやすくなっている。なお、無料アップグレードの期間は1年間。


※「スタートメニュー」が復活したWindows 10

■無償アップグレードを受けるには?
 無償アップグレードを受けるにはいくつか方法がある。まず、マイクロソフトのテスタープログラム「Windows Insider Program」に参加している人には、優先的に配信されるという。
ただし、配信のタイミングは全員一斉というわけではなく、マイクロソフトが状況を見ながら快適にアップグレードできるよう順次配信するとしている。
 また、所有するPCまたはタブレットで「無償アップグレードの予約」をした人にも順次配信される。すでに、対象となる、Windows 7 SP1またはWindows 8.1 Updateを使っている人には、タスクバー(システムトレイ)のWindowsアイコンの中に案内が出ているだろう。
 マイクロソフトが混雑状況を見つつ、予約を行ったPC/タブレットの互換性が確認され次第、インストールに必要なファイルがバックグウランドで徐々にダウンロードされる。また、ダウンロードが完了したタイミングでアップグレードができる旨がデスクトップに通知される。
 デスクトップ通知を受け取れた人は、都合のいいタイミングでアップグレードを行えるよう、スケジュールをセットすることもできる。なお、マイクロソフトによればアップグレードまでに最大数週間かかる場合があるとしている。
 もしアップグレードをしたくないならば、「Windows 10 無償アップグレードの予約」を行わなければ、アップグレードされない。そのままにしておけば大丈夫だ。
 このほか、マイクロソフトのウェブサイトからもダウンロードを提供するとしているが、互換性の問題がある可能性があり「推奨しない」という。
 各PCメーカーのサイトでもWindows 10への対応状況を確認できる。日本マイクロソフトのWindows 10 互換性情報のサイト一覧からPCメーカーおよびソフトウェアメーカーの対応状況が見られる。

■主なPCメーカーの対応状況まとめ

 なお、下記に主なPCメーカーの対応状況などをまとめた。

ASUS--Windows 10アップグレード対応製品を公開
 ASUSのウェブサイトでは、Windows 10の紹介ほか、アップグレード対応製品の一覧がPDFにて公開されている。

Acer--Windows 10に関する特設ページを公開
 Acerのウェブサイトでは、Windows 10の機能紹介などが公開されている。対応情報に関しては「Acerのデバイスの多くが無料アップグレードの対象となるが、一部ハードウェア/ソフトウェアの制限が適用される」としている。具体的なモデル名は記載していない。

NECパーソナルコンピューター--2013年5月以降発表の製品が対象に
 NEC PCのWindows 10へのアップグレード対象製品は、2013年5月以降発表のLaVie(LAVIE)、LaVie Tab W(LAVIE Tab W)、VALUESTAR。ただし、PC-TW710M1S、PC-TW710M2S、PC-TW508BASは、Windows10 アップグレードの動作保証はしないという。
また、2013年4月以前に発表したLaVie、VALUESTARは、Windows 10 の動作保証はしない。なお、PCの発表日は121ware.comの商品情報検索ページで確認できる。

デル--Windows 7およびWindows 8/8.1を搭載モデルをアップグレード対象に
 デルもWindows 10にあわせ、無料アップグレードのサポートページを設けている。「Windows 7およびWindows 8/8.1を搭載したシステムのほとんどで、Windows 10 へのアップグレードが無料で行える」としているが、具体的なモデル名は記載していない。

VAIO--Windows 8.1プリインストールモデルなど一部の情報を掲載
 ソニーのサポートページでは、一部のモデルについてアップグレード情報を掲載している。また、VAIOのウェブサイトでは、後日VAIOサポートページで公開するとしている。

パナソニック--2013年6月以降に発売された機種を対象に

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:CNET JAPAN http://japan.cnet.com/news/service/35068024/


続きを読む

「本が売れないの助けて!」 取次の崩壊も始まったのにまだ目が覚めない出版業界

:クロスヒールホールド :2015/07/25(土) 11:38:08.70 ID:cZTwsm8f0

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1507/23/news145.html

出版業界の売り上げ――5年間で1兆2500億円消失
「出版不況」「電子書籍の台頭」「活字離れ」などと騒がれているが、出版業界を取り巻く環境はどうなっているのだろうか。帝国データバンクによると……。

 「出版不況」「電子書籍の台頭」「活字離れ」などと騒がれているが、出版業界を取り巻く環境はどうなっているのだろうか。

 2013年度の出版業界の総売上高は5兆997億3500万円で、5年前の2008年度比(6兆3495億7500万円)で19.7%減少していることが、
帝国データバンクの調査で分かった。減少率が最も高かったのは「出版社」で24.3%、次いで「書店経営者」(減少率18.3%)、「出版取次業者」(同15.1%)となった。
「書籍の販売不振により、出版社をはじめとするすべての業態で、総売上高が減少していることが明らかになった」(帝国データバンク)

 2013年度の出版関連業者数は2672社となり、2008年度比で17.6%(569社)減少した。最も減少率が高かったのは「書店経営業者」(1115社→855社)で23.3%、
次いで「出版社」(減少率17.8%)、「出版取次業者」(同5.3%)という結果に。出版業界の厳しい経営状況を背景に、業者数も減少している。

yd_book2.jpg
業者数の推移(出典:帝国データバンク)
 「2014年4月に消費税が8%に引き上げられ、雑誌・書籍の販売不振に拍車をかけた。特に週刊誌など雑誌のジャンルでは増税以降販売部数が
1割以上減少するコンテンツも散見され、各社ともに苦戦している。2013年度における出版関連業者の倒産件数は42件であったが、
2014年度は72件まで増加したことから、今後も出版業界は厳しい業界環境が続くことが予想される」(帝国データバンク)


続きを読む
ギャラリー
  • 一時停止無視で7000円取られた
  • サムスンの日本人引き抜きが凄い「優秀な技術者には年収1億円払います。そんな会社辞めちゃえ」
  • iPhone8、11万円~15万円になる模様wwwwwwwwwwww
  • ワイ社会人(21) 貧乏な家で育ったせいかガチのマジでケチなる
  • PC-9801/9821向けのCバス用拡張ボード「NEKO BUS」が発売
  • テスラの新型EV「モデル3」は、iPhoneのような革新を自動車産業にもたらす
  • クレジットカード会社ってどこまで身辺調査するの?
  • Googleが謝罪 大規模ネット障害、ネットワークの誤設定が原因
  • ネットでIQ測定したらIQ60だった
QRコード
QRコード
最新コメント
Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ