2016年04月

ソニー「Xperiaはスマートフォンの名前ではない。ソニーのコミュニケーションデバイスのブランドです」

:海江田三郎 ★ :2016/04/29(金) 20:48:47.98 ID:CAP_USER

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/042000042/042100003/
Androidスマートフォンとして高い人気を誇る「Xperia」。ソニーモバイルコミュニケーションズは2016年2月に
スペイン・バルセロナで開催された携帯電話・モバイルに関する見本市イベント「Mobile World Congress」(MWC)で、
従来の「Xperia」の枠を打ち破る製品群を発表した。それが「Xperiaスマートプロダクト」だ。
ここから「スマートフォンの画面に縛られたユーザーの世界を広げたい」と意気込む。第2回は、変わりつつあるXperiaについて取材した。

(中略)


「Xperia Ear」。手のひらにすっぽり収まるライターのような形状のケースにすっぽり収まる。
本体では待ち受け80時間、通話3.5時間が可能。ケースに収納することで、ケースから本体に充電できる。
ケースのバッテリー容量は、本体満充電3回分

(中略)


ウエアラブルカメラのXperia Eye。球面レンズ、笑顔認識機能、音声認識機能などを備えている。ユーザーがXperia Eyeを首から下げたり
洋服に装着したりしておくと、球面レンズが自分の真横から正面、頭上から足元にかけて、視界に入るものすべてを捉える。
そして、その中に誰かの笑顔が映ったり周囲がワッと盛り上がったりしたタイミングで、自動的にシャッターを切る

(中略)



 自宅などで使うことを想定して作られているのがXperia Projectorだ。辞書ほどのサイズの小型プロジェクターで、
背面を壁に密着させて使う。内部はAndroid OSで動いており、ネットワークでクラウドと接続。
クラウド上に保存された写真、カレンダー、テレビ電話の通話先リストなどを壁に投影する。


(中略)



「AIBO」の遺伝子を受け継ぐミニロボット
 Xperiaスマートプロダクト、最後の一つがXperia Agentだ。音声認識などXperia Earと同じエンジンを使っているが、
こちらは小型のロボット。ユーザーが話しかけると、それに答えるように動作する。天気予報や今日のスケジュールをユーザーに音声で
知らせるほか、部屋のライトを付けたりエアコンの温度を調整したりする機能を持たせる予定


(中略)

そもそも「Xperia」はスマホのことじゃない
 Xperiaスマートプロダクトの投入で多彩なラインアップがそろうXperiaブランド。「Xperia」という“冠”をこれらの
周辺デバイスに広げるのはなぜかと問うと、近藤氏は「そもそも『Xperia』はスマートフォンの名前ではない」と切り出した。
「Xperiaはソニーのコミュニケーションデバイスのブランドであり、ソニーモバイルは通信回線を使ったサービスを提供する企業。
スマートフォンはそのうちの1ツールでしかない」(近藤氏)。今後は、スマートフォンに限らず、
人間の情報収集やコミュニケーションをサポートするさまざまな形の機器を作っていく考えだ。
 そして、これらの機器に使われている技術は、いずれもソニーモバイルやソニーの中に既にあるものをベースにしている
「我々が持つ技術をどう組み合わせ、どう生かすか。社内で模索した結果が、Xperiaスマートプロダクトには集約されている」(近藤氏)。

 取材の中で、近藤氏からは「ソニーモバイルには最近、組織を超えよう、新しいことをやろうという機運が高まっている」
という話を聞いた。スマートフォンは既にコモディティー化し、SIMフリースマホでキャリアの縛りからも解放されて、
価格競争になり始めている。それならば、スマートフォンで培った通信やセンサーなどの技術を核にしつつも、
スマートフォンという形態から飛び出して、新たな使い方や価値を持った製品を提案するのも一つの道だ。
そして、そうした高付加価値製品こそ、ソニーモバイルやソニーの強みを生かせる領域なのだろう。


続きを読む

日経先物、木曜の高値から-1700円 ドルも106円台に

:山師さん@トレード中 :2016/04/30(土) 06:54:54.20 ID:q+ZbuISs

世紀の大暴落がおんどれらを襲う



続きを読む

変調アップル、契約リクルーターを全員解雇

:海江田三郎 ★ :2016/04/29(金) 17:50:25.00 ID:CAP_USER

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO00157470X20C16A4000000/

米アップルがここ数週間で契約リクルーター全員の雇用を解除していることが、ベンチャービートが入手した情報で明らかになった。

 関係者によると、同社は正規リクルーターの解雇にも乗り出しているという。この動きにより、
計100人以上が影響を受ける可能性がある。同社は現在、リクルーターを募集していない。

■新規の採用を抑制

 要するに、アップルでは新規採用の動きが鈍っている。同社はこの分野の活動を見直していると関係者は指摘する。

 関係者は「採用を正当化するには、新しい事業が必要だ」と理由を説明した。

 アップルは26日に発表する四半期決算が減収減益になる見通し(編集部注:その後、
予想通り前年同期比13%減収と22%減益が発表された)。2四半期連続でスマートフォン(スマホ)を減産するとも報じられている。
 アップルはさらに、リクルーターへの報奨制度も見直した。同じ関係者によると、リクルーターが採用に成功した場合、
新規採用者の基本給の40%を特別手当としてリクルーターに支給していたが、これを10〜15%に引き下げた。
この手当を廃止する可能性もあるという。

 アップルにコメントを求めたが、現時点では回答はない。
 アップルはこの1年間で、エモティエント、フェイスシフト、フライバイ・メディア、マップセンス、メタイオ、パーセプティオ、
そしてボーカルIQなどの買収を通じて有能な人材を獲得している。



続きを読む

日本人「水素水!黒酢!しじみ!」

:風吹けば名無し@\(^o^)/ :2016/03/29(火) 15:26:40.20 ID:BQli6CO7aNIKU

日本人「ガンガンガン速!」

バカかこいつら



続きを読む

「Chrome OS」、近日中にAndroid向けアプリに対応へ

:海江田三郎 ★ :2016/04/29(金) 14:00:09.15 ID:CAP_USER

http://ggsoku.com/2016/04/chrome-os-will-support-android-apps/

Ars Technicaは25日(現地時間)、米グーグルが開発を進めているオープンソースOS「Chrome OS」が、
近日中にもAndroid向けアプリに対応する見通しと伝えています

Ars Technicaによると、米国最大のソーシャルニュースサイトReddit上に、Chrome OS開発者向けプレビュー版の
最新ビルド(ver.51)の設定メニュー中に、新たに追加された「Android Apps」という項目の存在が確認されたとのことです。
説明文には、“Enable Android Apps to run on Chromebook(Chromebook上でAndroid向けアプリの動作を有効化する)”
という一文が記述されており、この機能を有効化することにより、Chromebook上でAndroid向けアプリが利用可能になることが明示されました

また今回、有志のユーザーによって、“Google Play store now on your Chromebook(Chromebook上でも、
ついにGoogle Playストアが利用可能に)” という謳い文句が大きく掲げられたダイアログボックスも “発掘” されています。
なお、現時点ではこの新機能が実装される時期については不明ですが、5月18日に米マウンテンビューでの開幕が予告されている
開発者向け年次カンファレンスGoogle I/O 2016は、Androidアプリへの対応という大きな進化が発表されるタイミングとして、
まさにうってつけと言えそうです。



続きを読む
ギャラリー
  • 「縛り一切なし」をうたうFREETELの999円プラン、端末価格で4年間の“実質縛り” 不明瞭プラン、サイレント修正、悪質な端末価格
  • ノジマオンラインに「○○様専用」購入ページの存在が発覚、「特定の客への優遇か?」非難続出
  • ノジマオンラインに「○○様専用」購入ページの存在が発覚、「特定の客への優遇か?」非難続出
  • ノジマオンラインに「○○様専用」購入ページの存在が発覚、「特定の客への優遇か?」非難続出
  • Windows 7終了まであと1,000日…
  • スマート高級腕時計は、「次世代に残せる時計」になれるのか…スイス高級ブランドのジレンマ
  • スマート高級腕時計は、「次世代に残せる時計」になれるのか…スイス高級ブランドのジレンマ
  • スマート高級腕時計は、「次世代に残せる時計」になれるのか…スイス高級ブランドのジレンマ
  • スマート高級腕時計は、「次世代に残せる時計」になれるのか…スイス高級ブランドのジレンマ
QRコード
QRコード
最新コメント
Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ