2017年04月

500円ピザで急成長したが…「NAPOLI」運営の飲食ベンチャー破産

ばーど ★ 2017/04/28(金) 16:01:30.53

東京商工リサーチによると、ピザを中心に飲食店を展開していたベンチャー「遠藤商事・Holdings.」(東京都目黒区)が4月28日、東京地裁から破産開始決定を受けた。
500円前後の安価なピザを提供することで話題になり、急成長していたが、コスト負担も重くなっていたという。負債総額は約13億円。

「NAPOLI」「Napoli’s PIZZA&CAFFE」「DROP」「Barta」といった店舗を運営。職人技をシステム化し、窯焼きピザを1枚90秒で焼けるシステムを開発し、500円からの「ワンコイン窯焼きピッツァ」を売りにしていた。
2010年設立ながら、2016年9月期には25億円の売上高にKY8うう成長。餃子専門店や和食など他業態にも進出し、海外展開も視野に入れていたという。

だが一方で、出店費用や人件費、広告費などがかさんで経営を圧迫、借入金の負担も増していたという。今年に入り、取引先への支払遅延が起きるなど資金繰りがひっ迫し、事業継続を断念した。

配信 2017年4月28日 14時44分 (2017年4月28日 15時20分 更新)

ITmedia ビジネスオンライン
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20170428/Itmedia_business_20170428113.html

別ソース
「500円で本格的なピザが食べられるお店」として多数メディアで紹介、ピザ店「NAPORI(ナポリ)」「Napoli’S(ナポリス)」などを全国展開していた遠藤商事・Holdings.が破産
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00010003-teikokudb-ind



続きを読む

ヤフー株式会社 前代表取締役社長 井上雅博 逝去のお知らせ

ノチラ ★ 2017/04/29(土) 11:52:59.88

ヤフー株式会社 前代表取締役社長 井上雅博が4月25日(日本時間 4月26日)に交通事故により逝去いたしました。ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせ申し上げます。
なお、通夜及び葬儀、お別れの会の予定は決まっておりません。詳細が決まり次第、お知らせいたします。

氏名 :井上 雅博(いのうえ まさひろ)
生年月日 :1957年2月12日生(享年60歳)
死亡日時 :2017年4月25日 14時30分(日本時間 4月26日 6時30分)
死亡原因・場所 :交通事故。米国 カリフォルニア州にて。

■井上雅博 略歴
1979年3月 東京理科大学理学部数学科 卒業
1979年4月 株式会社ソード電算機システム 入社
1987年11月 株式会社ソード電算機システム 退社
1987年11月 株式会社ソフトバンク 総合研究所 入社
1992年6月 株式会社ソフトバンク 総合研究所 退社
1992年6月 ソフトバンク株式会社 入社
1994年1月 同社 社長室・秘書室長 就任
1996年1月 ヤフー株式会社設立、取締役 就任
1996年7月 同社 代表取締役社長 就任
1997年1月 ソフトバンク株式会社 退社
1998年6月 ソフトバンク株式会社 取締役 就任
1999年6月 ソフトバンク株式会社 取締役 退任
2001年6月 ソフトバンク株式会社 取締役 就任
2012年6月 ヤフー株式会社 代表取締役社長 退任
     ソフトバンク株式会社 取締役 退任
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2017/04/29a/



続きを読む

お前の暗証番号って、安易にはわからないのに設定してるだろうな

  2017/01/11(水) 07:46:02.99

パスワード選びは苦労します。カードの4桁の番号なんて
0-9のたった10個の中から選ぶわけですが、それでもいろいろ
悩みますよね。忘れないような番号、でも簡単すぎないもの。
そうして選ぶ4桁の番号ですが、そりゃ誰か他の人とかぶって
いることだってもちろんあるわけです。だとしても、最も良く
使用されている暗証番号が、まさか「1234」だとは...。まさかそんな安易な...。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00010000-giz-prod



続きを読む

マイナンバーカード発行システムのバージョンアップで不具合

アザラシ伍長 ★ 2017/04/29(土) 09:59:05.33

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/042801327/?rt=nocnt

 地方公共団体情報システム機構(J-LIS)は2017年4月28日、自治体がマイナンバーカードの交付に使うシステムのソフトウエアをバージョンアップした端末で不具合が発生したと明らかにした。ログを解析しながら原因を分析中で、早期に改修する予定という。

 J-LISによるとカード管理業務で利用する端末の機能向上のため、人口規模に応じて自治体に複数設置される「市町村統合端末」と、自治体ごとに設置する「住基ネットCS(住民基本台帳ネットワークシステム コミュニケーション・サーバー)」について、28日早朝からソフトをバージョンアップして利用していた。

 ところが、バージョンアップするとカードが申請中かどうかなどを確認する機能である「カード発行状況照会」が利用できなくなったという。バージョンアップによって、自治体担当者がカード申請を受け付けた後に申請内容の不備があったかなどの途中経過を確認できる機能を追加する予定だった。

 J-LISによると、カード発行状況照会は自治体の担当者が申請者にカード交付の通知を送付する前の設定作業の最後に使う機能で、カードの発行そのものや住民への影響はないとしている。

 自治体関係者によると、バージョンアップを適用していない端末は正常に稼働していたため、未適用の端末を確保して業務を継続した自治体もあったという。



続きを読む

韓国サムスン電子 業績回復基調が鮮明に

ノチラ ★ 2017/04/29(土) 12:00:22.42



韓国のサムスン電子の先月まで3か月間の決算は、半導体事業が好調だったことなどから営業利益が48%増え、去年、スマートフォンのバッテリーから火が出る不具合で落ち込んだ業績は回復基調が鮮明となっています。
韓国のサムスン電子が、27日発表したことし1月から先月までの第1四半期の決算によりますと、本業のもうけを示す営業利益は、スマートフォン向けの半導体事業が好調だったことなどから、9兆9000億ウォン(およそ9700億円)と、去年の同じ時期より48%増えました。

サムスン電子の業績は、去年、スマートフォンのバッテリーから火が出る不具合が相次ぎ、世界でおよそ300万台を回収するリコールを行ったため、一時、大幅な減益となりました。

しかし、去年10月以降は持ち直しており、ことしに入り業績の回復基調が鮮明となっています。

サムスン電子は、今月から韓国やアメリカで販売を開始した新型のスマートフォン、「ギャラクシーS8」の売れ行きが好調なことなどから、第2四半期も業績の改善は続くとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170427/k10010963581000.html


続きを読む
ギャラリー
  • 一時停止無視で7000円取られた
  • サムスンの日本人引き抜きが凄い「優秀な技術者には年収1億円払います。そんな会社辞めちゃえ」
  • iPhone8、11万円~15万円になる模様wwwwwwwwwwww
  • ワイ社会人(21) 貧乏な家で育ったせいかガチのマジでケチなる
  • PC-9801/9821向けのCバス用拡張ボード「NEKO BUS」が発売
  • テスラの新型EV「モデル3」は、iPhoneのような革新を自動車産業にもたらす
  • クレジットカード会社ってどこまで身辺調査するの?
  • Googleが謝罪 大規模ネット障害、ネットワークの誤設定が原因
  • ネットでIQ測定したらIQ60だった
QRコード
QRコード
最新コメント
Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ