2017年06月

<携帯電話販売>覆面調査で分かった消費者軽視

鉄チーズ烏 ★ 2017/06/25(日) 11:14:34.74

 6月22日に開かれた総務省のICT安心・安全研究会定期会合で、衝撃的な結果が公表されました。総務省が携帯電話販売ショップで覆面調査(299サンプル)をした結果、法定事項の説明が不十分だった店が多数あったというのです。総務省は携帯大手3社に行政指導をする方針です。野村総研上席コンサルタントで、情報通信政策に詳しい北俊一さんがリポートします。【毎日新聞掲載プレミア】

 内訳は、料金プランについて期間拘束・自動更新付き以外の選択肢の紹介が全くなかった(68%)▽期間拘束・自動更新の仕組みが適切に説明されなかった(66%)▽解約時の費用について、個別の解約費用の十分な説明がなかった(51%)▽確認措置が適切に説明されなかった(79%)▽データ通信容量の上限を超えた場合の制限について、説明がなかった(46%)──などだった。

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク3社間でも、大手3社のショップと量販店の間でも、数値に大きな差は見られなかった。

 この2年間、携帯電話業界の販売適正化に奔走してきた関係者にとって、衝撃的な内容である。とりわけ一般消費者には耳慣れない「確認措置」が十分説明されなかった、ということについては、筆者も驚きを隠せない。

 ◇クーリングオフの代わりに導入された「確認措置」

 確認措置とは、携帯電話の契約後8日以内に、(1)自宅で使っていて電波の入りが悪い(2)十分な説明を受けなかった(3)必要な書類をもらわなかった──という理由があれば、端末を含めて契約を解消・返却することができる、というものだ。

 消費者からの苦情相談件数が一向に減らない携帯電話販売に対しては2年前、特に理由を必要としない「クーリングオフ」を適用すべきだという議論があった。

 しかし、「法令に基づく説明を業界を挙げてしっかり行う」という条件を付け、いわば“執行猶予”付きで、確認措置という中間的な仕組みを導入した経緯がある。“執行猶予中”なのに、今回の結果が出たことを携帯電話業界は真剣に受け止めなければならない。

 今回の覆面調査のやり方が完全であったかどうかといえば、そうではない。ショップを訪問した調査員が、書類にサインをする直前に「持ち帰って検討します」と申し出て退店するという、いわゆる「寸止め」方式がメインだった。本当にぎりぎりのところ、契約直前まで粘って退席したのかという点にいささかの疑問は残る。

>>2
以降に続きます


6/25(日) 9:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000010-mai-bus_all

関連スレ
【スマホ】NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社に行政指導へ 携帯電話販売店での説明不十分
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1498120532/



続きを読む

いつもありがとうございますっ言われたからもう店行くのやめる←自意識過剰かよ

  2017/05/24(水) 13:09:28.77

【投稿!オレンジ広場】マニュアルではない女性店員の言葉 小池ファーストは終わりに 
与党の政治姿勢も問うべきだ

 ■マニュアルではない女性店員の言葉

 コンビニやファミレスでの接客用語のおかしさ、不自然さは以前から指摘されている。そんなおり、
居酒屋の昼定食を食べ終えて、とても印象に残る言葉を聞いた。

 空腹だったことに加え、食べ物を粗末にするのは罰当たりなことと思っているから、ご飯を一粒も残さず、
付け合わせの野菜も味噌汁もキレイに食べ終えた。

 器をさげにきた若い女性店員さん、それを見て「キレイに食べてくださってありがとうございます」と言う。

 今までもいろいろな所で食べてきたのに、聞いたこともない、まして言われたこともない実に新鮮な言葉だった。

 食べ物を粗末にすることは、人の命を粗末に扱うことに通じると私は思っている。若い娘にほめられたようで、
なんだかうれしかった。 (東京都・65歳、彦坂誠)

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170519/dms1705191530008-n1.htm



続きを読む

勤め先の勤務管理がタイムカードの企業wwwww

  2017/04/29(土) 09:43:29.38

普通は勤務管理てシステムだよね?
もしかして中小?



続きを読む

NTTがセキュリティ人材を3万人育成、2020年までの目標値の3倍達成

ノチラ ★ 2017/06/25(日) 20:02:41.07

 NTTがセキュリティ人材を3万人育成したことが日経コンピュータの取材で分かった。同社は2020年までにグループ全体で1万人を育成する計画を掲げていたが前倒しで達成。目標値の3倍以上を育成した。

同社はセキュリティ人材を「初級」「中級」「上級」の3段階に分け、それぞれに必要なスキルや認定方法などを「セキュリティ資格認定」と定義して、育成を進めている。それぞれの認定人数は上級を30人、中級を2400人、初級を2万8000人。2016年度末に3万人を突破していた。

 初級人材を大量育成したことで、顧客ビジネスと自社事業の両方でセキュリティを維持する底上げが達成できたという。今後は中級を上級に引き上げるという質の育成にも注力する。

 「上級」は国内外で第一人者と認められる実績を持つ人材で、情報処理推進機構(IPA)のITスキル標準(ITSS)のレベル7や6に相当する。「中級」はセキュリティ脅威から顧客を守るスキルと実務経験を持つリーダー人材で、ITSSレベル5や4に相当。「初級」は基本的なセキュリティ知識を持ち、ITSSレベル3や2相当という。

 1万人育成を掲げたのは2014年秋。鵜浦博夫社長は2014年11月7日、2015年3月期第2四半期の決算発表の場で、「NTTのコアコンピタンスの一つとして、セキュリティ人材をNTTグループ内で強化する。2020年までに1万人という目標を掲げた」と話した。当時はセキュリティ業務に従事し、ある程度の力を持っている社員数を国内約2500人としていた。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/062201735/



続きを読む

仮想通貨「イーサリアム」、瞬時の急落で一時ほぼ無価値に

野良ハムスター ★ 2017/06/24(土) 18:54:11.42

瞬間的に99.97%の価値が消えた――。インターネット上でやりとりされる仮想通貨を「フラッシュクラッシュ」(瞬時の急落)が襲った。事が起きたのは米東部時間21日の15時半。取引所のGDAXで、仮想通貨として「ビットコイン」に次ぐ人気を誇り、遠からずビットコインを追い抜くともされてきた「イーサリアム」がドルに対する価値をほぼ全て失う瞬間があった。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL23H1Q_T20C17A6000000/



続きを読む
ギャラリー
  • <携帯電話販売>覆面調査で分かった消費者軽視
  • いつもありがとうございますっ言われたからもう店行くのやめる←自意識過剰かよ
  • 勤め先の勤務管理がタイムカードの企業wwwww
  • NTTがセキュリティ人材を3万人育成、2020年までの目標値の3倍達成
  • 仮想通貨「イーサリアム」、瞬時の急落で一時ほぼ無価値に
  • スマートスピーカーのオーナーの42%は、2台以上購入している家族全体のデバイスへ
  • スマートスピーカーのオーナーの42%は、2台以上購入している家族全体のデバイスへ
  • 「ポケモンGO」 シニア世代のブーム衰えず、中高生8割離脱も50~60代で継続率50%超 「他の年代に比べて一度ハマると息が長い」
  • 容量5万mAh超、AC出力も備えた防災用モバイルバッテリー発売 簡易UPSとしても利用可能 7月1日に発売
QRコード
QRコード
最新コメント
Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ